家出をして神待ちをする女性は、いくつかのタイプに分類することができます。

まず、古典的ではありますが、いまだに比率が高い家出をして泊まるところのないJK。次に生活苦の女子大生。最後に不倫目的の人妻&熟女。

ではそれぞれの社会的背景と特徴についてご説明していきます。

家出をして泊まるところのないJK

神待ちの起源ともいえる、家出をして泊まるところのないJKの割合は今でもかなり高い傾向にあります。では、どのように家庭の崩壊や貧困の連鎖がJKを神待ちへと向かわせるのかを説明していきます。

家庭の崩壊

家出をして泊まるところのないJKのほとんどは、その原因が家庭環境にあります。日本の離婚率はおよそ3分の1と言われており、両親が不仲という家庭も多く、その理由は性格の不一致、浮気、暴力、浪費癖などです。

このように家庭が崩壊することで、家にいることができず、神待ちをするという少女が多くなるのです。

貧困の連鎖

アベノミスクが騒がれる中、貧困家庭が増え続けています。しかも離婚率の増加によりシングル世帯が増え、貧困から抜け出せないという貧困の連鎖がはびこります。

そんな現実に耐えきれない子供は、貧困なら逃れるように都会に家出することがあります。こうして、都会での日々の泊まる先を求めて、神待ちをすることになるのです。

児童虐待に関する相談は年々増えており、こうした状況下にある少女が神待ちを募集するのは致し方ないとも言えます。神待ちというのは、こういった悲惨なケースも多く含まれていることが重要です。

生活苦の女子大生

意外と知られていませんが、生活苦の女子大生が増えています。大学授業料の値上がりと仕送り額の低下により、アパート代が払えずに、その日の泊まり先を求めて神待ちをするという事態にまで発展します。

では、どうして生活苦の女子大生が神待ちをするに至ったのか、それぞれの社会的背景を深くご説明していきます。

大学授業料の値上がり

大学の授業料は年々値上がりを続けています。例えば国立大学の場合、平成元年に339,600円だった授業料は、平成7年に447,600円、平成17年には535,800円まで1.5倍以上に膨れ上がりました。

私立大学に至っても、平成元年に570,584円だった授業料は、平成7年に728,365円、平成17年には830,583円、平成26年には864,384円というように、かなりの増加傾向を見せています。

仕送り額の低下

大学授業料の値上がりが続く一方で、下宿生への仕送り額は、2015年春の調査で、前年度より1800円少ない8万6700円であり、15年連続で減少したことが報道されています。

ピーク時の1994年度(12万4900円)に比べ約3割減少しており、過去最低を更新しています。

家賃平均については、2015年春の調査で、前年度比400円減少の6万1200円となり、仕送り額から家賃を差し引いた生活費は1日850円と、過去最低を更新しています。

これで光熱費や食費が賄えるとは到底思えません。つまり、奨学金に頼る生徒が増えているのです。

奨学金受給率とその中身

2016年春の調査では、大学学部生における奨学金の受給率は51.3%となり、半数以上の学生が奨学金をもらっているのです。

家庭の所得が上昇するほど奨学金の受給率は低下するデータが出ており、深刻な不況や世帯収入の低下がここまで影響しています。しかも、最も厄介なのは、日本の奨学金は貸与型の有利子が中心で返済義務があるということです。

アパート代が払えないという現実

学費を払わないと大学を退学せざるを得ないため、学費を最優先で払った結果、アパート代が払えないという現実が起こってしまいます。こうして、アパートを追い出され、友達にも相談できないまま、神待ちをするということになるのです。

不倫目的の人妻&熟女

不倫目的の人妻&熟女も神待ちサイトをにぎわせるようになり、神待ちも多様化してきました。では、不倫の大衆化と人妻&熟女ブームの到来という2つのキーワードをもとに解説していきます。

不倫の大衆化

ここ数年不倫がテレビの1大テーマとなりました。ベッキー、山尾志桜里、斉藤由貴など例を挙げればきりがありません。不倫がここまで報道されると、これまでのやってはいけないことという認識が薄れ、みんなやっているという状況に変わりつつあります。いわゆる不倫の大衆化です。

人妻&熟女ブームの到来

ファッション、ヘアメイク、体型にお金と時間を費やすことに熱心で、30代、40代になっても美貌が衰えず、熟成した女性美を放つ女性が増える中、モデルやテレビでも人妻&熟女ブームが到来しています。

しかも、女性の高学歴化は、キャリアウーマン型の職場進出と専業主婦化の二極分化いう社会構造を推し進めました。こうして、暇をもてあそぶ人妻&熟女が不倫目的で神待ちをするようになったのです。

関連記事