神待ち掲示板に登録してメッセージを送っても、返信が少ないと感じている人が少なくありません。確かに神待ちしている少女の見分け方が分かっていても、メッセージのやり取りが出来なければ、実際に会うことは難しいでしょう。

女性へのアプローチをする際に、掲示板に投稿された文章と写真のみで決めず、プロフィール内容を覗いてチェックしているはずです。女性側もメッセージ返信するかどうかは、プロフィールを見て安全な人だと認識出来た時に行われると知っておきましょう。

プロフィール1つで女性からの返信率が変わるので、効果的なプロフィール作成方法を知っておくと良いです。

第一印象はプロフィールの書き方によって決まる

家出少女にとって、リスクが高い人と会うことは、最悪の事態を連想させます。魅力的なメッセージを受信したとしても、プロフィール欄に何も書かれていなかったり、怪しさ満点だったら見なかったことにするでしょう。

プロフィールは、手抜きをせずにしっかり考えて書くことが重要です。

抵抗感が無いプロフィールを目指そう

神待ち掲示板を利用する女性にとっては、一晩泊まる所を確保することが目的ですから、抵抗感が無いプロフィール作成を目指すと良いです。

清潔感があり、優しい印象が得られれば、特別な条件を提示しなくても会ってみようと感じてもらえます。女性が記入しているプロフィールを読んだ時に持った印象を反映させても良いでしょう。

実際の人柄を連想させることがコツ

家出中の女性が会ってみようと考える男性像は、あまりにも完璧すぎる人は敬遠されます。なぜなら、他所行きの服を持ったまま家出をするとは考えにくく、限られた服装の範囲内で日々を送っているので、実際の人柄が滲み出たプロフィール作成が好まれるからです。生活感が想像出来る程度が望ましいと考えられます。

プロフィールの選択欄は「秘密」にしないこと

出会い系サイトのプロフィール登録は、マッチング成功率を上げるために各サイトごとに異なる項目が少なくありません。

女性ならばスリーサイズや体重といった答えたくない項目が含まれていますが、男性にとっても職業や年収といった項目をぼかしたい人もいるでしょう。しかし、全てをとりあえず回答してある男性の方が、女性にとって印象に残りやすいことも確かです。

女性にとって重要な項目は男性と異なる

性別が異なれば、こだわるポイントが異なるので、家出女性がどのポイントを重視しているか男性には分からないでしょう。

秘密の項目が多いほど、女性にとっては敬遠する理由を与えることになるので、実際に会えば分かることですから最初から全部答えて誠実さをアピールすることも大切です。

PR文とは異なり、選択するだけで済む部分を回答していないと、ズボラな印象を与えてしまいがちです。

会ってから断られるよりも最初から全部記入しよう

出会い系サイトでは、プロフィール写真に詐欺写真や奇跡の一枚を登録する女性がいます。会った時に残念な気分になって、お断りした経験がある男性も多いでしょう。

神待ち女性にとっても、会ってから無理と判断するケースが出てしまうので、最初からプロフィール質問には全て答えている誠実な男性を選びます。

自己PRはしっかり記入しよう

プロフィール作成は、予め用意された質問に回答するだけのタイプに加えて、自由に書けるPR欄が用意されています。何も書かなくても出会い系サイトを利用出来ますが、人柄を伝えることが出来る部分ですから、しっかり記入して返信率を上げましょう。

自己PR文は何度でも更新出来る

一度書いたPR文は、何度でも更新出来るので、あまりにも返信率が悪ければ変更して様子を見ると良いでしょう。

関東地区で関西弁を使った自己PR文は、怖い人を連想させてしまうので、訛っていたらゴメンといった低姿勢を見せることでお笑い系を連想してもらえる可能性があります。

出身地だけで敬遠されないようにするためにも、自己PR文を工夫すると良いでしょう。

女性のPR文を参考にして書いても良い

自己PR文を書くことが苦手であっても、テンプレートに頼ることなく女性のPR文を読んだ時に持った印象を参考にして、修正してみることが大切です。

神待ち掲示板に投稿されている内容を見て、女性のプロフィールを確認した上で、共通の趣味があれば自分のプロフィールをすぐに更新してからメッセージを送ることで、返信率を上げることも出来ます。

プロフィール設定のポイント

神待ち掲示板を見て女性にアプローチする際には、相手の女性が確実に見ることを意識してプロフィール設定を行なう必要があります。明らかな嘘を設定してしまうと、悪い印象しか与えないことになるので、注意が必要です。

ニックネームと容姿は会うことを前提に設定する

女性と待ち合わせをして会うことを前提としてプロフィール設定をするので、会えばすぐに分かってしまう身長や体型については正直に設定しなければなりません。

年齢は多少サバ読み可能ですが、自らの容姿とかけ離れた設定は帰られてしまう原因です。ニックネームについても待ち合わせの時に呼び合うことになるので、アルファベットや有名人・エッチな名前は避けるようにしましょう。

誰にでも読める漢字を使おう

自分らしさを出すためにカッコよく見せようと、理路整然とした自己PR文を書いてしまうと、読んだ女性から理屈っぽいと思われがちです。家出少女の教養レベルを高く思わずに、中学生でも読める程度の漢字に留めておくことが望ましいです。

自己PRの書き方(例文)

自己PR文を書く際には、100点満点の完璧な文章を書いてしまうと引かれてしまいます。現実に存在する生活感が感じられる程度の男性で優しい印象が伝われば十分ですから、70点程度で突込みどころがある自己PR文が望ましいです。必要最低限のことが書かれていれば十分で、少しだけ雰囲気が伝われば良いでしょう。

しっかり書きたい場合

意外性を交えてしっかり自己PR文を書くと以下のようになります。

『初めまして。東京に住んでいる◯◯です。運送業の仕事をしているので、休みが不定期なために新しい友達を探すため登録しました。身長170cm、体重70kgの筋肉質なタイプです。よく芸能人の◯◯に似ていると言われますが、お笑い要素が入っているとも友達から言われています。趣味は筋トレと思われがちですが、カラオケが好きです。
一緒にカラオケに行ってくれる方と出会いたいので、気軽にメッセージ下さい。 』

サラッと書いて適宜追加する場合

必要項目を中心にして書くと、以下のようなサラッとした文章になります。

『プロフィールチェックしてもらいありがとうございます。東京に住んでいる◯◯です。長距離トラック運転手ですから、休みが不定期で友達を増やしたいと考えて登録しました。仕事柄身体を動かすので筋肉質ですが、実はスポーツは苦手でインドア派です。カラオケ好きなので、まずは一緒に絡んでもらえませんか?』

関連記事